合い言葉は「ミニッツブック!」

ワシントンDCからNYCに帰って来てずっと日本のポップスの
プロジェクトのデモを作り続けているのだが、
ひさしぶりに自分で作ったバッキングトラックに自分の声を
多重録音すると(コーラスとか全部自分で重ねるため)
なんか久々「よみがえり」な感覚があって
きもちいい(笑)

ひとつの作品を
しっかりと何度も見直して聞き直して納得したら、
日本のrecord labelやartistのかたに添付して送る。
そうして、次のプロジェクト
の仕事へと静かに移って行く。

そんな中で事件が起こった。
きのうの夜、実はひとりクアイアをやった作品があった。
自分の声だけで30声くらい多重に重ねたものだったが、
それをituneにflyさせている最中にその事件は起こった。
ちょっと待てよ、もう一回バランスをとってみよう、
そう思いflyするのをcancelしたのだ。その途端、数日間の
すべてやってきたことが一瞬でこつ然と消えてしまったのだ。
再生とかリトリーブとかタイムマシーンとか、ものの
見事に太刀打ちできないほど、僕の作った作品ここ数日の結晶すべてだけが
こつ然と闇に葬られてしまったのだ。

この日、夜にうちでリハーサルがあったのだが、あわてて、
その仲の良いシンガーの人に話して、すべての音をゼロから
やりなおすのに自分で歌う時間がないので、その人に
僕が一回やったことをすべて伝えながら
歌い直してもらった。それが一日たって、今朝、fresh earsで
聞き直した後、何回ものsaveをくりかえし、やっと日本の僕の
窓口のエージェントに送り届けた。はー。なんか夢を見ている
ような体験だった。コンピューターでこの手の事件、おそらく、
15年ぶりくらいだと思う(笑)

いまだにきつねにつままれたようなきもちだが、きっと、
やりなおしてよりよくなってよかったのだろう。すべては必然なの
だから。

そんなこんなの作業の最中に角川の編集者のかたからメールを
もらう。

「いよいよ、明日、日本時間3/28(木)昼12:00に、ミニッツブックが発売になります。
NY時間だと、27日の夜の11時~12時でしょうか。
BOOK☆WALKERストアでは、この時間帯から購入できます。
また、サイトもリニューアルされます。」

ということなので
amazon kindle ストアさっそく自分でも購入を試したら、「日本国外
だと買えません」だって。ちきしょーーー(コウメ太夫)!!!!!!!

http://minutesbook.jp/


みなさん、ぜひ、電子書籍デビューしてみて、
僕のひさびさのロングエッセイ、アメリカ生活のまず第一章を
読んでみてください。

追記:これ、アマゾン kindle ストアです。すぐに僕の新刊がcome upします!
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Ddigital-text&field-keywords=9th+note

写真はワシントンDCに行くとき友達にJFKまで送ってもらう
最中に撮影した車の中からの景色。

e0169472_349474.jpg
by senrio | 2013-03-28 03:51 | ジャズに恋する男達
<< 東北リジェネレイション アコーデイオンカーテンの国境を... >>