2013年 04月 21日 ( 1 )

APRIL 25TH HOTEL!

いよいよ次の冨ジャズが近づいてきました。
ギグの前には毎回魔が差すようにこのアイデアを思います。もし
ひとりもお客様がいらっしゃらなかったら
どうしよう??ほんとうにいつも思うのです。もう腹をくくるしかないのですが
「千里さんはさすがですね。最近は毎回が満杯じゃないですか」
そう現場で言われるたびに「そんなことありません。今回もひーひー言いながら
心配で心配で一生懸命お伝えしてきたのです。まだまだ足りないと思う。でも
こうやってお客様に来て頂けた。心の底からほっとしてます。もう、、
あとはこうなったらお客様の胸を借りて飛び込んで精一杯やるだけです」と返答します。
これは偽らざる気持ちで、一期一会でいらしたお客様が次もいらっしゃるとは
限らないのです。せっかくめぐりあいのチャンスをもらっているのだから
フルに活かしたいと思います。
音楽的なお話をすこしだけすると、必ず毎回のコンセプトにあった曲を書き下ろします。
そしてその譜面はできるだけ
シンプルにわかりやすくして、相棒のジムには直前にじっくりコツを伝えて、予めの
ふたりでのリハーサルはいっさいやらないようにしています。これによってふたりとも
一期一会のドキドキ状態に魂をぶつけることができるのです。ふたりでここのところ
毎回乗り越えて来ているので、この状態で近い将来東海岸(フィラデルフィア、DC、ボストン
NY郊外。。。。)を廻ろうなんて夢を語り合っています(笑)まずは僕がブッキングの
人とのやりとりを、ということで積極的に人とあったりしている最中でもあります。
ローマは一日にしてならず、いつか「今回はどんなコンセプトなんだろう?わくわく」
お酒を片手に開演を待ってくださるお客様があふれるように、
われわれ音楽家の原点「ホスピタリテイ」に戻ってこのコンセプトを掲げて
今回は「APRIL 25TH HOTEL」をにぎにぎしくやりたいと思います。
この週末から更なる内容をつくりこんでいきますので、これをよんでくださるみなさまにも
楽しんで疑似体験ができるようにいろいろ書き込みたいと思います。下記の
FBにももし登録されているかたいらっしゃれば、
ぜひ心参加のぽち!を押して頂けたら、勇気凛々です。それでは
お客様、

当ホテルへのチェックインでございますか?
お荷物をお持ち致しましょう。

いよいよ
物語の始まりです。


https://www.facebook.com/events/169634046523834/?ref=22
by senrio | 2013-04-21 01:23 | ジャズに恋する男達