カテゴリ:今日何やったん?( 14 )

いざNJへ出陣的視点in NYC

e0169472_115187.jpg
by senrio | 2012-01-31 11:52 | 今日何やったん?

廃墟のようなビルの中で

晴れました。今日は野外コンサートの日です。ブルックリンボタニックガーデン。きのうはブルックリンの廃墟のようなビルの中でリハーサルしました。ドアを開けると延々続く廊下。むき出しの壁。古い埃をかぶった黒電話が壁にかかってたり、じっとり何年もこびりついたような独特な匂いが充満していたり。早く着いたクリスと僕は当初集合場所だった3階でうろうろ。しかし一枚の貼り紙には「スタジオは2階に移動しました」で、2階に行くと今度は幾重にも掛けられた錠。どんどんどん。ノックをしてみるも全く反応なし。みんななんで来ないんだよ〜スタジオの人もどこ行ったんだよ〜心細いよ〜さみち〜よ〜と思っていたら、中からいきなりドアが開いてスタジオアシスタントの青年が僕らを中に招き入れてくれました。そしてぼちぼちメンバーが集まり始めて、人気のないビルの中にもエネルギーが入ってきました。11時50分に集合して12時きっかりから音だし!と言ってたリハは1時すぎからなんとかスタートし当初の予定の3時をはるかにまいて2時すぎには完了しました。ほんと合理的でしょ?終わりよければ全てよし。やりすぎても本番逆に安心しちゃってよくない場合もあるしね。そしてみんなで楽器を手分けして持ち合いまた階段や長い廊下を通って外に出ました。最後の写真はリハのスタジオのあるビルの前でみんなでまどろんでいるところ。今日は桜が見れると言う噂なのでとてもわくわく。またレポートしますね。e0169472_21512279.jpge0169472_21485743.jpg
e0169472_2150222.jpge0169472_2148088.jpge0169472_21463686.jpge0169472_21532889.jpge0169472_21544747.jpg
by senrio | 2011-05-01 22:07 | 今日何やったん?

冬休み最後の日ジャージーにてby senri oe

ネットって実態があるようでないようで不思議。
いきなりつながらなくなったり、僕のようにネットの
ワイアレス状況が劣悪になってひとりまごついたり、、、。
でも90年代初頭にNYにいたころなんて
日本の情報は郵便だけで知るみたいなかんじでしたから、
ネットがあるだけでも、御の字。ありがたや、です。
地球はどんどん「丸み」を増してますね!

今日はニュージャージーのパターソンという街に
友達が住んでいるので、ピアノ弾きに行ってきました。
彼女もミュージシャンです。一緒にピアノ弾いたり、
近所の滝を見に行ったり、とても充実した時間を
過ごしました。実は明日から生き馬の目を抜く
オーデイションウイークが始まるので、なんか、
winter break最後の一日、自分のテンポで
ゆっくり深呼吸したかったんです。
いざ行ってみると、寒かった。でも、
空気も滝も空も人もなにもかもクリアで
心も身体もtotally purify されました。

NYはどこかアメリカとは違う別な国の
イメージがありますから、、、、
マンハッタンを一歩出ると、「おーーこれが
ほんとの絵はがきで見るアメリカだー!!」
です。滝があり、ヒストリカルガイダンスの詰め所があり、
街には、ひとつかふたつの「スパニッシュイタリアンレストラン」
らしきものが。リハとかやるために彼女の家にミュージシャンが
来るときは大抵そこらへんで食事をするそうです。
近所にレンガのの壁のシルク工場なんかが残っていて、
とても趣のある、たとえていうならば、
長野の「松本市」みたいな素敵な街でした。
日本にはそういう街がいっぱいありますね。すごいこと。

そういえばパターソンにある音大では僕の敬愛する
ピアニストのムルグリルミュラーが教えてたりするんですよね。
そうか、この先の、丘の上にその大学があるんだ、、。
マンハッタンとは違い、パターソンの
道の凍り方、、半端じゃなかったっす。
街にはレストランのほかにあるのはストリップ小屋
一個っすもん。え?そこに行ったかって?
あほいいなはれ。むずがいいの〜。
ま、そんなわけで、「千里の森」もあちこちもしかしたら
この先、転々とするやもしれませんが、ともに
ちょっくら旅などしてみませ〜んか?っちゅわけで、
こっちのほうに、今日はアップしてみました。
e0169472_115704.jpge0169472_1156513.jpge0169472_1154826.jpge0169472_11532280.jpge0169472_11523251.jpge0169472_11514330.jpge0169472_120224.jpge0169472_1151071.jpg
by senrio | 2011-01-24 12:11 | 今日何やったん?

メグライアンに癒された日。

日本滞在からNYCに戻ってアメリカ東海岸を襲う猛暑にあへあへ喘へぐ筆者。
前々から「戻ったらグラマシーパークホテルの1階にあるイタリアンへ行こう」と
約束してたグルメ友達とバーで待ち合わせて、さっそく奥のテーブルへ。
e0169472_2014392.jpg























今日のスペシャルの「ラムと甘いトマトのサラダ」「2種類のトマトによるカプレーゼ」
「アマトリチアーナをブッカテイ−ニで」&「オリーブオイルのケーキ」
味も雰囲気もホスピタリテイもかなり満足のいくものであった。なによりも席同士の
あいだのスペースをしっかりとってあるので、にぎやかでも気分はisolated!


食事が終わりに近づいた頃、連れがうしろの(筆者の死角になるテーブルの)客を
凝視しながら「どうもメグライアンに似ている。本物かな、いや限りなく本物に似ている、
いややっぱり本物、いや限りなく、いや、、、、、」
と悶絶している。そんなの本物だと思えば楽しいから本物でいいんじゃないのとうしろを
振り返って、ぶっ。ホンモノダッタ。
さっそくテーブル担当の黒人の男が来たので小声でこんなふうに聞いてみた。
「あの、プライバシーをオフェンスするつもりはまったくないけれど、あの席にメグライアン
そっくりのかたがいらっしますけど」
「ご本人です!(にっこり、ちょっと誇らしげ)」
「えええええええ、やっぱり??わ、光栄です。彼女ほんとに美しいんですねえ」
「はい、お客様。信じられないほどの美しさでございます!(再び、にっこり)」
その黒人の給仕はきびすをかえすとキャットウオークで尻をぷりぷり左右に振りながら
去って行った。(背中がにこにこ笑っている)
ぐるりとまわりを見渡すとどのテーブルでもメグの存在は明らかになってはいたけれど、
じろじろ見たりこそこそ話をしたりする客はひとりもいなかった。
それよりも一緒の空間でそれぞれにおいしい食事を食べていることを噛み締めるように
フロア全体をハッピーオーラが包み込んでいた。


店をでるとき友達がまた悶絶し始めた。
「あの真後ろを歩いているのがサタデイナイトライブに出ている超有名な、、、」
もうええっちゅうに(笑)
e0169472_2074451.jpg























なにはともあれこんな楽しいデイナーに誘ってくれた友達に感謝、そして家に帰って
いつものように時差ぼけのため早々の就寝とあいなった筆者の寝言は、、、
「ああ〜ん、メグ、、やっぱりホンモノだったんだね、、、むにゃむにゃ、、」
by senrio | 2010-07-19 19:53 | 今日何やったん?