カテゴリ:宝物ファクトリー( 14 )

いくつもの反射の気持ちの粒が。

今日はどばっと写真いきたいと思います。まずはNYは晴れと雨の日を繰り返して徐々に暖かくなって来てますが、ある雨の日にニュージャージーのダイナーにての写真を二枚。この日は突風でした。雨ににじんだ景色が不思議な安堵感があります。続いてはひさしぶりにつくった「トマトソースのスパゲッテイ」具沢山です。食べたい気持ちが先立ってスプーンとフォークが一緒に皿の上に既に。そしてそれを至近距離から狙っているぴ姫の姿が。ほんとに欲しそうな顔してますね。このあと彼女から逃げるために家の中に、でも結局この目から逃れることは出来ませんでした。更にもうひとつぴの写真ですが、これは実はある夜明けに僕がぱちっと目が覚めてしまい眠れなくなったときに、つきあいで起きたときのぴの写真です。眠いけれどなんかぽっち〜アンビバレントな表情とアンバーな光をお楽しみください(笑)で、そのときの白んでいくときの空の色を撮りました。朝にうつりゆくときの空の色はいつでも感動的です。どうしてこんなに微妙なニュアンスの美しい筆さばきなのでしょう。さいごの三枚は今日のメインです。ジャパンソサイテイにこのまえの渡辺美里さんと行ったチャリテイで集まったお金$3722を届けにいきました。行く途中に近くのベンチに彫刻?の人?が座っていたので一枚写真を。ジャパンソサイテイの建物の中はミッドセンチュリーで素敵でしたので、それも撮りたかったんですがそんな余裕はなく、代わりに、なんかここしばらくいろんな人の気持ちの反射が大きな光になったんだなと思い、ロビーの池?の水面をぱしりっ撮りました!そしてそして最後に、レシート。しっかり手渡してきました。みなさんの気持ちの入った大切なお金を。全額、日本に届けられるそうです。詳しくはジャパンソサイテイのホームページを見守って行きましょう。最後に改めてこれだけの現金を目の前にするとその一枚一枚のお札(さつ)の重み、をひしひし感じました。ビターエンドにいらしてくださったみなさま、応援してくださったすべてのみなさま、もういちど本当にありがとうございました。そして長くこれからも被災されたかたがたを応援していきましょう。
e0169472_10183246.jpge0169472_10194262.jpge0169472_10213316.jpge0169472_10223616.jpge0169472_10235185.jpge0169472_10243878.jpge0169472_10254854.jpge0169472_10273412.jpge0169472_10283223.jpg
by senrio | 2011-04-22 10:51 | 宝物ファクトリー

空への旅のアイドリングは。

僕は空港で過ごす時間がとても好きだ。人は常にどこか
へ向かっている。ここにはステイせず。だからいつも
景色が変わる。その変化の中で過ごすわずかな時間
をとてもいとおしく思えるのだ。

今回はビジネスクラスなのでラウンジが使えるために
少し早めに空港を目指す。午後3時すぎ。
6時過ぎのフライトだから丸々2時間半はここで旅への
アイドリング時間である。

夜に向かう時間帯の空港というのはどこかせつなさが漂う。
暮れ行く空をながめながら、僕は赤ワインを片手に
ソファに座りいろんなことを考える。

AAのラウンジには何台かこういうふうに置かれた
PCコーナーがあるので、し忘れたメールチェックなども
PCを使って旅前に最終確認ができる。
今回は家を出る前に急遽仕上げた「週刊NY生活」
の原稿のレイアウトがぎりぎり編集長から届いていた。
ラウンジの大きな窓に映る景色をバックに、ちびちびワインを
舌の上で転がし自分の書いた文章を最終確認
する。これはある意味、至福のときである。
e0169472_7141790.jpg
























子供たちは専用のパソコンコーナーでゲーム
にはまっている。ビジネスコーナー、少しアートを
眺めながらのんびりもできる。僕は野菜ステイックや
スナックを好きなだけとって
ソファスペースに身を委ねたり、アートをぼんやり
眺めたり。最初の30分くらいは
そんなかんじだ。
e0169472_7165770.jpg
e0169472_7133413.jpg













































やがて夕方の薄い光が夜を連れてくる一歩手前の
時間帯、5時を回る頃には、僕はバーで「日本食の
弁当」を注文した。刺身や筑前煮、そして天ぷらなど
にブラウンライスのおにぎりがついている。
意外に
ここでのんびり食したり飲んだりしている人が多かった
のは旅をする前に小腹がすくのを感じるから
だろうか?僕の場合は大抵いつもそうだ。
どうする?食べとく?乗ったらすぐに最初のミールが
でるよね?でも乗る直前に食べるぎりぎりミールのスリルと
美味さと言ったらないよね。空港という場所はどうしてこうも
人を甘美な世界へと誘うのだろう。


食後は、紅茶などをまた別のコーナーに移動して飲んでいると
あっというまにチェックインタイムがスタートしていることに
気がつく。ちょっぴりさみしい。でも僕は行かなければならない。
たとえラウンジを利用しないときであっても
なるだけ空港には早めに着くようにして、足つぼやったり、
duty free shopをまんべんなくチェックしたり、空港での時間の経緯を
楽しむようにしている。乗るまでに自分のテンションをじわじわあげて
長い空の旅に備えるのだ。
AAのラウンジはモダンだが少しミッドセンチュリー感
があり、デザイン的にも行き過ぎず
ちょうどいい塩梅だ。自分らしい時間を自分なりに幾通りも
クリエイトできる。さあ、僕の空の旅が始まる。
e0169472_713498.jpg
by senrio | 2011-02-22 07:54 | 宝物ファクトリー

被爆ピアノとともに

被爆ピアノは丁寧に愛情を込めてtunedされその機能を発揮できるように
整えられているのが実際触れてみてよくわかりました。被爆したピアノを
こんなに鳴るようにするのは大変なことだったのじゃないかと感じました。
ただ実際に本番になると、早弾きをしたり、トリッキーなコードを使ったり
テンションのきついコードを弾こうとすると、反応がないというか響かない鍵盤が
ありました。弾きながらどの鍵盤の鳴りがいいのか、どの組み合わせがいいのか、
どこをあえて弾かない方がいいのかを探って、このピアノのいいところと
僕のいいところを二人三脚でえいほっえいほっと出し合いながらひとつのエンデイングに
なだれこんだかんじでした。
壊れ物のようなフラジャイルな音の鍵盤もあったしペダルを踏み過ぎると
音が濁ったりするところもありました。
とても一口では語りきれない深い味わいというか、歴史があるというか、こちらが
覚えたてのテクニックでねじふせようとしてもそんじゃそこらじゃかなわない、そんな
迫力でした。僕はどれくらい弾いたのかな。7分くらいだったと思うけれど、
最後は、だから、心に耳をすまして
とてもピアニシモでシンプルな一音に辿り着いたかんじでした。
e0169472_10372070.jpg
e0169472_1045231.jpg

飯島晶子さんはとてもこのピアノを理解
していらっしゃる印象を受けました。
だから朗読の伴奏をさせていただいて
いるときはときどき、僕はまったく鍵盤に触れない瞬間が
ありました。そこにはもう音が聴こえると言うか、
飯島さんの心と直結した声はそれだけで景色や感情をかもしだして
いてそんなときは、もうなにもいらなくて。僕とあのピアノとは
ただ一緒にじっとその声に耳をそばだてていたというかんじです。

ものすごくエネルギーを使いましたがいい経験をさせて頂きました。
いつかあのピアノと再会するときがあったらまた違った気持ち
で今度は更に仲良くなって楽しい曲を演奏したいなと思います。
ありがとうございました。おつかれさまでした。
e0169472_10393072.jpg
by senrio | 2010-09-16 11:01 | 宝物ファクトリー

お引越し。

引っ越せた。5月に前の家をでてから2ヶ月以上、自分の家が
決まらないというのがこんなにこころもとないものだということを
身を以て知った。何度も決まりかけて壊れ、今度はと決意したら条件が
揃わずなど、色々あったが、やっと落ち着けることになった。

不思議なもので、部屋探しは、焦ると失敗するように思う。何度か今回も8月1日まで
に決めないとまずいという焦りから「これでいいだろう」と決めかけた部屋
があった。でも自分の心は正直でどこか腑に落ちない点を感じているのだ。
運良く、そんなときにアテンドしてくれてたり意見をくれた友人たちに感謝
したい。いざ勢いに乗り始めると早いもので最後は急転直下で決まった。
部屋を見た夜が明けて翌日の朝には契約がかわされて鍵を頂いた。決まるときは
決まるもんだね。ねばってよかったよ。←まる子口調で

新しい場所に引っ越すといつもわくわくと不安がかっわりばんこに顔を出す。
今朝方、救急車の音で目が覚めたときに不意にささいなことが気になり始める。
窓の鍵が壊れているのではないかということ。
そう思い始めると気になって何度も鍵をかけようと試みるのだけど、どの窓もかか
らない。そのうちに汗びっしょりになり気がつかないうちに眠ってしまっていた。
朝になって確かめると難なくかかる窓と若干かかりにくい窓があることがわかる。
大家に言ってさっそく治してもらおう。
e0169472_647922.jpg
























ぴーすを散歩に連れて行く。まずは近所の公園まで。夕焼けの中噴水の水を浴びながら
チョコレート色の肌をした子供たちが遊んでいる。一匹の老犬がぴーすに挨拶に来た。
「14歳なんだよ。桃太郎っていう名前なんだ。日本に伝わる話の主人公から
とったんだよ」
俺の名前はルーと手を刺し伸べたその飼い主はにこにこ桃太郎の止りそうな
足取りを根気よく見つめながら、僕がきのう引っ越して来たと伝えると、
「そうか。それで日本語の文字が書かれてある段ボールが捨ててあったんだ。
あれはきみなんだね」
e0169472_6441639.jpg
























3ℓのタンクの水があっというまになくなっていく炎天下の中、今日はクローゼットの
冬物をお日様にあててからきちんとたたんで収納した。夏物はハンガーにかけてとりやすい
ところに。キッチンは友達が協力してくれたのであっというまに片付いた。
さあ、少し休んでから、練習部屋を少しずつ作っていこう。まあ、なにはともあれ、引っ越せ
たのがなによりうれしいっす。
e0169472_6431988.jpg
by senrio | 2010-07-28 06:57 | 宝物ファクトリー