<   2011年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

51階のさよならパーテイ

きのう、ワインと料理に詳しい友達(ジャズ歌手街道、ばく進中)のお宅でパーテイがありました。旦那様の転勤でヒューストンに引っ越されるので、そのさよならパーテイーもかねて。しかしここで疑問が。なぜ彼らのさよならパーテイーを彼ら自身が主催してくださるのか。それはひとえに友達の料理がとてもおいしいのとワインのセレクションが素晴らしいので、ただただ僕は甘えてしまっている、というわけなのです。51階の部屋はセントラルパークやニュージャージー、ミッドタウンのスカイスクレーパーが一望できる素晴らしいロケーションです。そんなNY中でも最もNYらしい高層階のアパートで純粋な「和の道」の食事(北海道のかたなので地元から持って帰ってきてくださったのです)と2000年のテンペラ二ーニョなどのブドウのワイン。もう僕はテンションあがり気味で、率先して大根をほぼ一本踊りながら卸してしまいました。連日のつかれもあってか酔いが思ったより早く訪れ、床で寝てしまったわたくし。こんにゃくやにしん、いくら、ごぼう、など、NYでなかなか手に入らない食材を工夫してくださった友達に大感謝。絶対ヒューストンでもライブできるようにがんばるからね!それでは一気に写真いってみまーす。最後の写真はすっかりできあがったわたくし。
e0169472_2334722.jpg
e0169472_23455320.jpg
e0169472_23253991.jpg
e0169472_2327180.jpg
e0169472_2329454.jpg
e0169472_23303582.jpg
e0169472_23574296.jpge0169472_23352753.jpge0169472_23323383.jpg
by senrio | 2011-04-30 23:49 | よかとこですたいNY

パパンは忙しそうじゃのう。

写真はマンハッタンの夜の景色。車の中から撮ってみました。これから一瞬夜風に吹かれてからベッドに入ります。ライブのある日はすべてがライブ中心です。相手にしてもらえないなと、ぴもソファの上で半ば、あきらめ顔です。
e0169472_1525881.jpg
e0169472_15225452.jpge0169472_15431430.jpg
by senrio | 2011-04-28 15:47 | 発展途上症候群

いわしのパスタは汗パスタ!

今日は自己リハーサル。ずっと家にいました。途中、犬のごはんとおもちゃを買いに行ったり、ペーパータオルを大量に買い出しに行ったり、食材を買い足したり、洗い物をしたり、しながらしながらの練習日でした。こんな日に家でつくったのは「余り物の缶詰」を使った「いわしのパスタ」です。もしこれをお店で出すのであれば具は少ない方が食べやすくてキャッチーではあると思うんですが、とにかく家飯なので具沢山の栄養満点にしました。人参、キャベツ、マッシュルーム、じゃがいも、ネギ、ニンニク、青唐辛子。そして臭み消しにショウガを入れました。缶詰を使った段階でいわしが煮崩れしてしまうのはわかってましたので、見た目はネコ飯っぽい仕上がりでもがまんがまんです。塩加減も缶詰いわしが少し味が薄かったので不本意ながら塩を足しました。白胡椒も少々ながら。しかしながら太陽の下で汗をかきながら食したので、それだけでもう充分においしかったです。今日一日でずいぶん汗をかいた気がします。半分ジップロックしたものを晩ご飯としてとっておいたのでそれをついさっきまたまた頂きました。2回連続でも飽きない味、それがいわしです。そういえばオリーブオイルに漬けるときにケッパーなんかも入れるといいかもね。次回はそれ試してみよう。
e0169472_7382078.jpg
e0169472_736155.jpg
e0169472_7371130.jpg
by senrio | 2011-04-27 07:54 | 俺亭

細胞がわなわなする、わなわなね、わなわな。

NYにいていいなと思うのは、モーマやメトロポリタンをはじめさまざまな美術館に行けたり、ライブに行けたり、それが僕の場合現在は学生証を見せればただで入れたり学割が利いたりするので毎回手を合わせつつその恩恵に感謝しながら絵を見たりライブを楽しんだりしています。きのうはマイルスカフェでソンジュンチョイ(ジャズピアニスト)のカルテット鑑賞。墨絵のようなタッチの素敵なピアニスト。そしてそのあとデイジーズクラブに移動してオルガンの異端児ジョーイデフランセスコを聴きに行ってきました。このジョーイは体重200キロくらいありそうに僕には見えるけれど、音は世界一シャープ。絵でも音楽でもなんでも本当に心から美しいと思えるものに出会えたときって、しあわせなきもちになる。しんじられるものに触れられた喜びで全身の細胞がわなわさふるえる。きのうはそんな一夜でありました。それでは写真いってみましょう。最初は、その前の晩に食べた「たこやきコロッケ」の写真。中がコロッケで外の感触がたこやき。一粒で二度おいしい、びっくりメニューでした。その次の写真がソンジュンカルテット。三つ目がジョーイたちの演奏の様子。最後はついさっき行ったラママの「祈り」というイベントの写真がなかったのでバワリーにあるニューミュージアムの電光掲示板をぱしっ!
e0169472_12222837.jpg
e0169472_12235724.jpg
e0169472_1225284.jpg
e0169472_12264139.jpg
by senrio | 2011-04-26 12:42 | よかとこですたいNY

ぼくたちは親子丼を知らなさすぎたかもしれない

最近のブームは「親子丼」と「しじみスープ」です。なんてことはない。NYにいておいしい親子丼と言うのになかなか出会えないので、だったら自分でつくっちゃえという流れなんですが、これが日々改善に改善を繰り返しながらいい方向に進んでいるのです。チキンはもちろん皮の部分もいろんな部位もぜんぶ使います。大きめに切ったたまねぎと日によって変わる具のコンビネーション。卵は溶いてみりんとしょうゆとで味付けして具の鍋に流し込めばもう出来上がり。あとはあらかじめ持ったご飯の上にかけるだけです。山椒と刻み海苔を少しまぶして食べます。しじみスープはインスタントですがおいしい。このふたつの相性は抜群です。今後は出汁の部分のオリジナリテイに工夫を凝らしていきたいです。みなさんのつくる『親子丼」どんなですか?なにかアイデア、こつ、ありましたらご伝授願いたい。(ちなみにこの日はにんにくスープにしたんですが、親子丼との相性はやはり具の少ないしじみスープのほうがよいようです)
e0169472_0163840.jpg
by senrio | 2011-04-25 00:27 | 俺亭

部費、かまされました。

さっきツイターでも書いたんですが今日食後にデリでコーヒーを飲んでたら、僕の鼻先寸前でジョージクルーニに似たおっさんが金髪の彼女とぶちゅ〜しながら「部費部費部費」ってエッジのきいたおならをしました。写真はかましたあとすこしだけ距離がはなれたときの様子です。ローライズのジーンズ越しの「部費」はいまだに耳の裏にその音がこだましています。少しクリスピーなニュアンスもありました。「部費」の代償は高かった。なんちゃって。
e0169472_14134969.jpg
by senrio | 2011-04-23 14:19 | よかとこですたいNY

いくつもの反射の気持ちの粒が。

今日はどばっと写真いきたいと思います。まずはNYは晴れと雨の日を繰り返して徐々に暖かくなって来てますが、ある雨の日にニュージャージーのダイナーにての写真を二枚。この日は突風でした。雨ににじんだ景色が不思議な安堵感があります。続いてはひさしぶりにつくった「トマトソースのスパゲッテイ」具沢山です。食べたい気持ちが先立ってスプーンとフォークが一緒に皿の上に既に。そしてそれを至近距離から狙っているぴ姫の姿が。ほんとに欲しそうな顔してますね。このあと彼女から逃げるために家の中に、でも結局この目から逃れることは出来ませんでした。更にもうひとつぴの写真ですが、これは実はある夜明けに僕がぱちっと目が覚めてしまい眠れなくなったときに、つきあいで起きたときのぴの写真です。眠いけれどなんかぽっち〜アンビバレントな表情とアンバーな光をお楽しみください(笑)で、そのときの白んでいくときの空の色を撮りました。朝にうつりゆくときの空の色はいつでも感動的です。どうしてこんなに微妙なニュアンスの美しい筆さばきなのでしょう。さいごの三枚は今日のメインです。ジャパンソサイテイにこのまえの渡辺美里さんと行ったチャリテイで集まったお金$3722を届けにいきました。行く途中に近くのベンチに彫刻?の人?が座っていたので一枚写真を。ジャパンソサイテイの建物の中はミッドセンチュリーで素敵でしたので、それも撮りたかったんですがそんな余裕はなく、代わりに、なんかここしばらくいろんな人の気持ちの反射が大きな光になったんだなと思い、ロビーの池?の水面をぱしりっ撮りました!そしてそして最後に、レシート。しっかり手渡してきました。みなさんの気持ちの入った大切なお金を。全額、日本に届けられるそうです。詳しくはジャパンソサイテイのホームページを見守って行きましょう。最後に改めてこれだけの現金を目の前にするとその一枚一枚のお札(さつ)の重み、をひしひし感じました。ビターエンドにいらしてくださったみなさま、応援してくださったすべてのみなさま、もういちど本当にありがとうございました。そして長くこれからも被災されたかたがたを応援していきましょう。
e0169472_10183246.jpge0169472_10194262.jpge0169472_10213316.jpge0169472_10223616.jpge0169472_10235185.jpge0169472_10243878.jpge0169472_10254854.jpge0169472_10273412.jpge0169472_10283223.jpg
by senrio | 2011-04-22 10:51 | 宝物ファクトリー

雨の日は静かに家で過ごす

雨と晴れの日がかわりばんこに来ているような気がします。今日は雨。朝デッキのドアを開けるとまだ曇り空だったのですが、あれよあれよというまにぽつぽつ雨がデッキ全体を濡らしていきました。今日は一日家からでません。こんな日は何日ぶりでしょうか。もしやここ一ヶ月あまりはずっとでっぱなしでしたから、静かに一日を家で過ごしたいと思います。写真はアンデイウオーホールの像。e0169472_222599.jpg
by senrio | 2011-04-20 02:31 | こんなんでました

ワタシ、マフィアのボスあるよ!

フランクシナトラのジャズキャッツたちによる評価は高い。流行歌手であると同時にジャズスイングの雄である彼の存在は多くのミュージシャンに今も尚大きな影響を与え続けている。

というよな前書きはこれくらいにしといて今日はこのまえあったシナトラフリークの集まりでの演奏の様子を写真でどばっと紹介しますね。参加者はみなシナトラ時代の格好、そう、自分が思うシナトラの周りにいる人たちをイメージして正装して、カードをしたり、カクテルをたしなんだり、そして勿論シナトラの曲をバンド演奏で楽しんだり。この日の編成は予算の関係からかビッグバンドではなく、4horns, piano, drums,acoustic bass and vocalというスタイルで。このボーカルのにいちゃんがシナトラフリークでシナトラになりきって陶酔して身体を折り曲げて歌う様はかなりおかしかったです。いやあ、アメリカの「三波春夫でございま〜す!」みたいなのりなんだろうかな。もうひとつ驚いたのがミュージシャンもみなカフスやタキシードにボウタイ、持ってるんだね〜。正装ってアメリカ文化のひとつとしてちゃんと根付いているんだね〜。僕ひとり、学校の発表会のときと全く同じのジッパーつきのギャルソンのくしゃくしゃスーツ(こればっか)でちょっぴり恥ずかしかったです(汗)

この日演奏して思ったこと。シナトラってスイングだけじゃなくて南部のブルースやフォークソングのフィールがベースにあるんだね。シナトラ深か〜〜!ふと気がつくとバンドの中に髭の東洋人がひとり(わたくし)変なマフィアのおっさんに見えてなかったかな?なんちって。
e0169472_13331498.jpg
e0169472_13342648.jpg
e0169472_13442745.jpge0169472_13422031.jpge0169472_13403572.jpge0169472_13353335.jpg
by senrio | 2011-04-16 14:07 | よかとこですたいNY

夜中のフォンデユーにご用心!

こちらでは多目的ホールでライブをやったときに軽食や飲み物がなどが
借り賃のオプションとしてついてくることがよくあるので
それらがパーテイが終わってあまったときに持って帰る
ようにしています。このまえ天理でやった息子チャリテイの
ときも沢山の赤ワインやチーズ、果物がでましたが余りました。
絶対にこの余り物、一個たりとて無駄にはしません。
チーズとクラッカー、果物、ビニール袋に
移して、すべて持って帰りました。そして家でみんなで
軽く打ち上げのときの材料に小出しにして使います。写真は、僕が元
スイスシャレーのバイトだった(18歳の頃です)経験を
活かして、余ったチーズと白ワインでチーズフォンデユー
をつくったときの写真です。自分でいうのもなんですがなかなかの味でしたよ。
でも、この日の夜中、寝てる最中、胃がもたれて、喉が渇いて、
「み、みず〜」となってしまい、キッチンに何度も走り大変でした。
きのうも同じメンバーで集まったんですが、
「夜中のフォンデユーは危険なのでやめよう」となり、
パエリアを作りました。こっちのはまぐりは
1歳児の靴くらいの大きさで、噛み応えがありました。
そしてこのまえもらってきてちゃんとジップロックした
クラッカーは当分の間、息子たちの集まりで活躍し続けることでしょう。
それでは息子を代表して
チーズをたしなむ指揮者ダンの姿をお楽しみください。
e0169472_5202575.jpg
by senrio | 2011-04-13 05:37 | 俺亭