<   2013年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

FLOWERS ON A RAINY DAY

6/27 、 9&10:30PM FLOWERS ON ARAINY DAY @TOMI JAZZ
決定です。下記のフライヤーにお申し込み方法は明記してあります。
みつばちになって雨に濡れた庭園の中を低空飛行しながら、
さまざまな花にであっていきます。先月がスタンダードばかりだったので、
また、かきおろします。「みちばち千里の冒険」とか「花弁の上で会いましょう」
とか「ミセス紫陽花、お手をどうぞ」とかいろいろ想像がひろがりそうです。
ぜひおこしください。もちろん、「心参加」もよろしくおねがいします。

e0169472_19241.jpg
by senrio | 2013-06-11 01:16 | ジャズに恋する男達

烏賊スミとまでいかぬとも、墨。

やっとアルバムの表題曲のヘッドアレンジが形に。
うん。よし。なかなかいい。
気分転換に不在者票を持参して郵便局に。
そしたら、「言の葉」のCDsがSONYから
届いてた。
爪の先でビニールを破り、ケースを開け
自分の詩を読む。
空は尚も墨汁のようなうっすらさ加減で
こらえ性の、、


そろそろ降る頃か。






e0169472_3511717.jpg
by senrio | 2013-06-07 04:01 | ジャズに恋する男達

空が泣く前の。

今日友人でもあるシンガーの方のご自宅での打ち合わせ終わりに、
出して頂いたロゼを、2杯景気よく飲んだせいか、
帰宅後急に眠気に襲われてすこし横になった。
外はまだ暑かったので、よく乾燥したタオルが心地よかった。
昼間の気温が急激に下がった窓から入って来た風がひんやりとして
あわてて携帯の天気予報を。そろそろ雨がやってくるらしい。

雨が振るほんの直前に、一瞬、景色が止る。
前へも後ろへも右へも左へも動かない凪のような景色。
それにはっと気がついたと思ったら、
ゆっくり空が声を上げて泣き始める。
暗闇であってもそれがわかる。
今夜はデモアレンジを1曲つくる。
ヘッドフォンをはずすころには外はしっとり
ぬれているのかな。

e0169472_102641100.jpg
by senrio | 2013-06-06 10:44 | ジャズに恋する男達

脳ある鷹は爪隠す?

日曜日の今日はNYで活躍するジャズシンガーの友達と夜飯でした。
日曜の電車の運行がとんでもないのは知ってますが、
今日はまたとにかくすごかったので予定を30分
おくれて僕は到着しました。まあ、慣れちゃいけないんだろうけれどNYタイム?
今夜ここははじめて行く場所でしたが最高でした。朝8時から夜12時まで
本格的イタリアンが楽しめるっていったいなんという果敢なコンセプト。
おそらくこんな長い時間、クオリテイを保ち続けるなんて、
NYでもおそらくここだけでは、、、。
これ、ブルックリンの、burger streetでした。
店員さんの誰をとってもすぐに自分の会社にスカウトしたいくらいの
できる人ばかりでした。住宅地の中の静かなイタリアンです。
e0169472_13162121.jpg
by senrio | 2013-06-03 13:25 | がんばっとるけ?

とりあえず、いいかんじの兆候で。

長い一日が夜に向かおうとしてます。in NYC.
犬がいるので、なるだけ会話をするようにしてますが、僕が
なにかに向かっている時間は、彼女もわかっているようで、
ちょっぴりかわいそうに見えます。だからなるだけちょっとした
タイミングでキスしたり会話したりタッチしたりします。
今日はいろんなビジネスのことが決まったり連絡がとれたり
ちょっと今いるトンネルに少しだけ灯りがさしてきた!みたいな記念碑ちっくな
土曜だったと思います。僕は黙々と家にいて「おしん」な日
だったんですが、いろいろ進みました。
テキサスの実家でオフをとっていた僕のcoworker(仕事仲間)もNYに午後戻ってきました。
現在アメリカ全土をツアー中のシンガーの友達とも連絡がとれました。
もしかしたら彼女が歌ってくれるかもしれない。
なにかうまくいく、そんな信号が「ぴかっ」と一瞬光る日だったのかもしれません。
いや、ここはNY。
浮かれず、人の倍数倍以上努力をし続けよう。そんなことを思う
夕暮れ時。まだまだ昼が「ここにいたい!」と言い続けているような
昼と夜が混じり合った光の中で、updated!!!!みなさんもいいcoming weekをね!




e0169472_9495730.jpg
by senrio | 2013-06-02 09:59 | ジャズに恋する男達