サッポロ一番みそラーメンを食べたい夜

今夜の俺亭はサッポロ一番みそラーメンを作ってみる。たまに無性にこれが食べたくなる
のはなぜだろう。僕が一番好きなのは塩ラーメン→味噌ラーメン→醤油ラーメンの順番
なのだが、この日の気分は圧倒的に味噌。たぶん疲れがたまっていたんだと思う。

作り方:

1)お湯を沸騰させながら、小松菜、いんげん、人参、玉葱、しいたけ、さやえんどう、
ネギなど食感の違う野菜をそれぞれ切り方を変えて、準備をする。いんげんはそのままで。
人参は短冊切り。小松菜と葱は部位によって切り方を変える。
2)お湯がぐらぐらしてきたら具(野菜たち)を入れる。人参などの時間のかかり
そうなものから先に入れる。緑野菜はチョップした胴の部分を先に入れるとよい。
3)だんだん煮えてきたら乾燥麺を入れる。箸で押さえて沸騰したお湯がまんべんなく
行き渡るようにしながら、辛抱強く待つ。
4)麺がほぐれてきたら、麺の固さを食べてチェックする。アルデンテくらいがぐ〜。
いい加減であれば、即座に火を止めて、小松菜の葉っぱ部分、乾燥スープ、乾燥具を
入れて「外から中へ」かぶせるようにかき混ぜる。
5)卵を一個入れてみてもよい。(その場合、麺で蓋をするようにしばらく加熱)

食べ方:

鍋からまずは第一弾をキレイに盛りつけて頂く。多すぎずに盛りつけることがコツ!
第二弾はざっくりと大きく男飯系にもりつけておもいきり音をたてて召し上がれ。
第三弾目は卵とともに味の染み渡った具を中心に味わい味わい頂く。


こんなふうに食べるとなんか少しだけ贅沢な気分になれるから不思議である。
食後には「サッポロ一番味噌ラーメン!」と節を付けて唄ってみるのもおつなもの。
さあ、召し上がれ!
e0169472_12535910.jpg
# by senrio | 2010-07-25 13:22 | 俺亭